主催:日本火山学会,日本地震学会,静岡県
後援:静岡県教育委員会,国土交通省中部地方整備局富士砂防事務所
協力:テルモ(株),オシキリ・イラストレーション

第4回地震火山こどもサマースクール
―活火山富士のひみつ―
(2003年8月2〜3日)
開催報告

★ 体験しながら楽しく学ぶ火山や地震のしくみ
★ 小麦粉やゼリーなどの食材で火山噴火の実験
★ 富士山の自然に抱かれながら、火山学・地震学の最新の成果を学ぼう!

好天に恵まれ,無事終了しました. スタッフ・参加者・関係者全員に感謝いたします.

ポスターダウンロード(A4判)(A3判


1707年宝永噴火で降り積もった火山れき・火山灰の地層見学(左).地殻変動観測点の見学(右).

 

小麦粉ときな粉による火山体形成実験(左).ゼリーとラー油によるマグマ貫入実験(右).

 

1707年宝永火口の見学(左).地震観測点での地震計解説(右)

 

豪華専門家スタッフによる火山学・地震学の最新知識の解説(左).参加生徒チームによる学習内容の発表(右)

 

当日の写真集のページ(パスワード保護)

スタッフ用資料ページ(こうやって準備しました)

使用したプレゼンテーション教材の一部(実際のものを簡略化してあります)


募集要項(参考資料)

1 目 的  活火山としての富士山を題材として、野外での地形・地質観察や実験などをゲーム形式での説明をおりまぜながら体験することによって、地震・火山災害についての基礎知識を学び、大地の営みについての理解を深めることをめざす。

2 主 催  日本火山学会・日本地震学会・静岡県
  後 援  静岡県教育委員会・国土交通省中部地方整備局富士砂防事務所(予定)

3 講 師
 小山真人(実行委員長、静岡大学教授)、相原延光(神奈川県立西湘高校教諭)、鵜川元雄(防災科学技術研究所研究員)、鍵山恒臣(東京大学地震研究所助教授)、佐野貴司(富士常葉大学助教授)、数越達也(兵庫県立須磨友が丘高校教諭)、高橋正樹(日本大学教授)、武村雅之(鹿島建設研究員)、中川和之(時事通信社記者)、橋本 学(京都大学防災研究所教授)、宮地直道(日本大学助教授)、宮嶋衛次(北海道立理科教育センター研究員)

4 日 時  平成15年8月2日(土)8時30分〜8月3日(日)17時 (1泊2日)

5 場 所  富士山こどもの国、宝永火口、富士山スカイライン駐車場など

6 宿 泊  富士山こどもの国ロッジ
     〒417-0803 静岡県富士市桑崎1015 TEL:0545-22-5555
     http://www.kodomo.or.jp/

7 日 程(天候によって多少の変更あり)

 第1日目 8月2日(土)
  08:30-08:45 新富士駅(北口)および富士駅(南口)で参加受付
  10:00-11:00 富士山こどもの国で開講式、オリエンテーション
  11:40-13:00 富士山スカイライン太郎坊駐車場で地層観察と昼食
  14:20-16:40 富士山こどもの国で、食材を使った火山噴火の実験
  16:40-18:00 火山噴火に関する講義
  20:00-21:00 ビデオ学習など

 第2日目 8月3日(日)
  08:30     富士山こどもの国を出発
  10:00-13:00 宝永火口で観察と昼食
       (富士山新5合目から宝永火口までは30分程度の登山)
  13:30-15:30 富士山こどもの国で地震や火山についての講義
  15:30-16:00 修了証書授与式
  17:00     バスで富士駅、新富士駅に移動の後、解散

 *初日の昼食から二日目の昼食までの4食は、事務局で用意します。

8 募集対象・人員 小学校5年生から高校3年生まで、40名(定員になり次第締め切ります。全行程参加できる方、保護者の同伴なしに行動できる方)

9 参加費用    6、000円(宿泊・食事、実験材料費、テキスト印刷代、傷害保険料など)

10 申込み受付期間 平成15年7月1日(火)から7月20日(日)まで

11 申込み方法 
 (1)別紙申込書(PDFファイル,またはWordファイル:右クリックで保存)を記入の上、「地震火山こどもサマースクール」係まで、FAXまたは電子メールにより申込んでください。
   <申込先>
    〒420-0042 静岡市駒形通5-9-1静岡県地震防災センター内
         「地震火山こどもサマースクール」係
    電話:054-251-7101 FAX:054-251-7500
 (2)申込者には係から参加決定等の連絡をします。
 (3)参加決定を受けた方は、参加費を7/25(金)までに指定口座に振り込んでください。
 (4)参加当日には
  ア 参加決定通知
  イ 郵便振込をした際に受領した「払込票兼受領書」、または「御利用明細書」(ATMで振込した場合)
  ウ 別紙健康チェック・参加承諾書(PDFファイル)をプリントアウトして参加者本人が記入したもの
  を必ず持参してください。

12 保護者の同伴  こども主体の事業であるため、保護者の同伴は原則不可とします。

13 キャンセルの扱い 都合により参加をとりやめる場合は7月22日(火)、午後5時までに静岡県地震防災センター(054-251-7101)まで電話連絡願います。これ以降にキャンセルした場合は参加費用全額を返却致しません。

14 傷害保険    参加者全員について主催者が一括してスポーツ・レクリエーション参加者傷害保険に加入します。

15 集合場所、時間(時間厳守でお願いします)
 次の2箇所のいずれかに集合してください。
 (1)JR新富士駅の場合(JR富士駅経由で富士山こどもの国へ行きます)
   8:30までに集合。改札を出て北口を右に曲がった一時駐車場にバスが停まっています。
 (2)JR富士駅
  8:45までに集合。改札を出て南口を左に曲がった駐車場にバスが停まっています。

16 当日の持ち物
   別紙「持ち物一覧」(PDFファイル)を参考にして各自で用意して下さい。

<注意>
1 富士山(宝永火口付近)の8月平均気温は6度で、冬の寒さです。重ね着できるものを必ず用意して下さい。また、平均風速7.2mと風が強いので傘では耐えられませんので、必ずレインウェアを用意して下さい。
2 徒歩での登山がありますので、水筒やレインウエア、防寒着などを背負って歩けるリュックをご用意ください。

17 中止の判断
 雨天の場合、一部行程を変更して実施しますが、期間中、暴風雨などの悪天候が予想される場合等には中止します。この場合、保護者あて連絡します。

18 当日の緊急連絡先
 現地事務局
  鈴木(静岡県防災局)          
 富士山こどもの国(静岡県富士市桑崎1015) 0545-22-5555
 静岡県地震防災センター(静岡市駒形通5-9-1) 054-251-7101

19 お問合せ先
 〒420-0042 静岡市駒形通5-9-1静岡県地震防災センター内
     「地震火山こどもサマースクール」係
 電話:054-251-7101 FAX:054-251-7500

20 ホームページ
 最新情報に関して、このホームページ上にて随時お知らせする予定です。