私のプロフィール

(短めバージョン)

静岡大学防災総合センター教授(副センター長)、同大学教育学部教授。専門は火山学、地震・火山防災など。1959年静岡県浜松市生まれ。静岡大学理学部、東京大学大学院理学系研究科などに学ぶ。東京大学理学博士(地質学)。火山噴火予知連絡会伊豆部会委員、富士山火山防災対策協議会委員、伊豆東部火山群防災協議会委員などを務める。主な著書は「富士山 大自然への道案内」(岩波新書)、「富士山大噴火が迫っている!」(技術評論社)、「伊豆の大地の物語」「Geohistory of the Izu Peninsula」(静岡新聞社)など。

(長めバージョン)

1959年静岡県浜松市生まれ.静岡県立浜松北高校を卒業後,静岡大学理学部,静岡大学大学院理学研究科修士課程,東京大学大学院理学系研究科博士課程に学ぶ.東京大学理学博士(地質学).

以後,日本学術振興会特別研究員(東京工業大学理学部),静岡大学理学部助手,静岡大学教育学部助教授,ヌーシャテル大学(スイス)客員研究員,静岡大学防災総合センター教育部門長,静岡大学教育学部附属浜松小学校長(併任)などを経て,現在は静岡大学防災総合センター副センター長,静岡大学教育学部教授.担当は,総合科学教育課程総合科学専攻,大学院教育学研究科修士課程理科教育専攻.専門は地質学,火山学,歴史地震学,地震・火山防災,災害リスク評価と情報発信など.

学会・研究会活動としては,日本火山学会,日本地震学会,日本災害情報学会,日本地球惑星科学連合,東京地学協会,International Association of Volcanology and Chemistry of the Earth's Interior(国際火山学・地球内部化学会),American Geophysical Union(アメリカ地球物理学連合),歴史地震研究会,日本安全教育学会などに所属.日本火山学会理事・事業委員長などを歴任.2007年第1回廣井賞(日本災害情報学会),2008年第2回日本国際地図学会賞論文賞を受賞.2016年富士箱根伊豆国立公園指定80周年記念功労者表彰

おもな社会的活動としては,火山噴火予知連絡会臨時委員,富士山ハザードマップ検討委員会委員,富士山火山広域防災対策検討会委員,中央防災会議災害教訓の継承に関する専門調査会小委員会委員などを歴任し,現在は伊豆半島ジオパーク推進協議会顧問,火山噴火予知連絡会伊豆部会委員,富士山火山防災対策協議会委員,伊豆東部火山群防災協議会委員,静岡県防災・原子力学術会議地震・火山対策分科会委員,伊東市史編集委員などを努める.

趣味は読書(漫画を含むSFが多い),コンピュータ,旅行,バイク.パソコン歴32年(NECを9年使った後,ずっとMacintosh).バイク歴17年の後,9年ブランクがあったが最近また乗り始めた.これまでに乗ったバイク:TL50,ホークIII,CB750FZ,CBX750F,DT125,DT125LC,DT200R,SRX600,DUCATI 999,そして現在は… 4輪はスプリンターカリブに10年乗った後,ずっとレガシイなどスバル車.

(連絡先等)

メールアドレスは

電話での連絡は避けてください.電子メールが使用できない場合は、静岡大学防災総合センターに電話またはFAXで連絡してください。


小山研究室ホームページに戻る